超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
◎オーパーツ!太古のナノテク?文明?ET?

30万年?前の古代文明、ナノテクノロジーの痕跡か?地球を訪れたETのメカパーツか?
また、超精密なナノテク?『オーパーツ』がロシアウラル山脈で発見された・・。
何でしょうね?これ。
spiral1.jpg

spiral2.jpg

以下、beforeitsnewsの直訳:
1991年には、いくつかのロシアの川のほとりに地質調査を実施する研究者は、インチの1 / 10,000と小さく、いくつかの小さなコイル状のアーティファクトの数百人を発見した。研究者は、ウラル山脈で探査のための鉱物学的研究をやっていたし、1は、発見で彼らの困惑を想像することができます。
彼らは、10と40フィートの間の深さ(3〜12メートル)で発見された。2万年から32万年前の超古代である可能性があります。

最小のはわずか2.5ミクロンの長さであるしながら最大のものは、長さが1.18インチ(3センチメートル)である。比較のために、毛髪の平均鎖は、約100ミクロン幅である。小さいものは、タングステンまたはモリブデンから作られている間に、より大きなコイルは銅から作られる。

その形状は、それらが自然に金属片を発生していないし、彼らが実際に現代のナノ成分に似ていることを示唆する。

これらのオーパーツは、この日に続けて激しい議論を巻き起こしている。神秘的な微細構造は、30万年古いで付けされています。地球ホームは、当時の技術的に高度な社会にされたか、これらの成果物は、私たちの惑星に本社を置き、他のいくつかの知性の証拠がありますか?

我々の現在の社会が原因数々とよく知られている制限のため、ごく最近になってナノテクノロジーを開発しました。主流の科学は300千年前の地球に生息人間のための火の臨時の使用を越えて技術レベルを受け付けません。科学者たちは、これらの特定の構造を生産し誰か、何を決定することができませんでしたが、1つの事は
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.