超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★全長1.6km/幅800mの巨大UFOがF16の見間違えだった?
ufo

★【ロサンゼルス20日共同】米南部テキサス州で「未確認飛行物体(UFO)を見た」という住民の目撃情報が相次いでいる。地元の米軍関係者は「旅客機のライトを見間違えたのでは」と否定的だが、UFOの写真や映像の提供者に報奨金を出すと名乗り出る男性も現れた。AP通信が20日までに伝えた。

 目撃談はこの数週間で、テキサス州ダラスの南西郊外のスティーブンビルなどの数十人から寄せられた。機械工のリッキー・ソレルズさんは、牧草地の上空約90メートル付近を平らな金属製の物体が飛んでいたと証言。別の男性は、目撃したUFOを長さ約1・6キロ、幅約800メートルと推定した。

 APなどが昨年実施した世論調査で14%がUFOを見たことがあると回答したほか、毎月約200件の目撃情報が報告されるなど、米国では一部に「UFO存在説」が根強い。

★ワシントン(CNN) 米テキサス州で今月初め、住民から「未確認飛行物体(UFO)を見た」との報告が相次いだことについて、米空軍予備役は23日、「夜間訓練飛行中の戦闘機とみられる」との声明を出した。空軍は当初、「目撃情報のあった時間帯に空軍機は飛んでいなかった」と発表していた。
UFO騒ぎがあったのは8日夜。中部スティーブンビル近郊で、夜空を横切る光が目撃された。「空軍機でないならUFOに違いない」と主張する住民も現れ、全米から注目を集めていた。
だが空軍予備役によると、目撃情報のあった午後6時から8時にかけ、同市近くの訓練空域で、F16戦闘機による訓練飛行が実施されていたことが判明したという。軍報道官は当初の発表について、「内部連絡の行き違いによるミス」と説明している。


★例によっての空軍公式発表ですが・・当初訓練飛行中の航空機はない!と言っておきながらやはり、あれはF16だった?などといまさら、稚拙な否定ですね。

☆以下ufo casebook・comでご確認ください。

★「何か未確認の物体か、目撃事実を調査中・・」ぐらいにしておけば良いのに。

ところで、ジュセリーノさんの本「続 未来からの警告」などに、UFOについての予言やコメントはないのでしょうか?知りたいところですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.