超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★CERNのLHC上空に異次元ポータルが開いた?

6月28日スイスCERNの上空に突然奇妙な光と雲が湧き上がり・・市民が騒然。その写真が公開された。
スイスCERNにあるLHCではヒッグス粒子・重力粒子など、いよいよ、大統一論の論拠たる?神の究極粒子の発見確証の寸前までその最先端が・・と言う?これが発見されれば・・この世界を記述する4つの力の大統一が可能となる。もう、暗黒物質もダークマターの存在仮説も、この質量を持った?クオークの超対称性粒子で・・解明される?と言うけど・・。
2016y07m24d_092802750.jpg

2016y07m24d_092815390.jpg

だが、その仮説のために・・思わぬ事態(異次元の窓が開く?)も想定外から発生するのかも?・・など
陰謀論やオカルト界・・世間大衆からの懸念の声。
LHCでは粒子を集めている?・・と説明?だが意味不明。何の影響か、気象庁も専門家もこれに科学的コメントすべきだね。
★以下は、THE SUNから~
<直訳:>
問題のフィルム - Portalは、CERNが今開いたのは何?LHCの上奇妙な雲ホバーは - LHCが使用されているものについては、「主要な懸念」を発生させます。
ナレーターは、視聴者に尋ねる: "CERNは、それ自体の中にどのくらいのエネルギーを引き出したのですか?
「天気がすべての惑星の上にとてもクレイジーですこれはなぜですか?
「世界中の多くの他のコライダーがあります。」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.