超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★はるか3000年以上前のモヘンジョダロ遺跡は謎の文明・・

★3000年以上前にも、モヘンジョダロよりはるか以前の謎の文明が存在した?・・人類の歴史って?
文明や文化の進歩って?・・何だろう?
以下、直訳です。・・
2016y08m24d_201052218.jpg

(今パキスタンが何であるかにある)ハラッパー-Mohenjodaroで1920から1922での発掘調査は、インダス、世界最古の高度文明の一つの家庭で、未知の文明の存在を確認しました。
モヘンジョダロの神秘的な都市は、技術と古代世界に独特だった構築建物を使用し、未知の高度で豊かな文明に家でした。
アーティファクト、遺物や遺跡がモヘンジョダロの住民ははるか先自分の時間のあった発明を有していることが驚くべき証拠を明らかにしました。
2016y08m24d_200926437.jpg
どのように、誰から・・?、これらの顕著な人々は、このような高度な技術の知識を習得しましたか?
なぜ、この謎の文明は消滅したのか?古代世界の歴史は秘密がいっぱいです。
興味深い考古学的発見のいくつかは、本当に世界最古と高度な文明の一つに何が起こったかについて、より多くの光をキャストすることはできますか?
モヘンジョダロの荒廃した偉大な都市(「死者のマウンド」)は、一度ハラッパー文化やインダス文明、3000年頃に、川インダスとサラスワティのほとりに栄えた高度に発達した文明の主要な都市の中心地でした。(パキスタンの今)
(今パキスタンが何であるかにある)ハラッパー-Mohenjodaroで1920から1922での発掘調査は、インダス、世界最古の高度文明の一つの家庭で、未知の文明の存在を確認しました。
水の供給に関連するインフラの高度化と神秘的な都市の排出物処分システムがユニークだった!
なぜモヘンジョダロは放棄されたのか?
2016y08m24d_201023296.jpg

いわゆる「母の女神」のいくつかの興味深いテラコッタの女性の置物は、モヘンジョダロで発見されています。
約3000紀元前に日付を記入これらの人形の一つは、非常に短いミニスカート、ネックレス、ベルトとだけ彼女の顔を身に着けている女性はかなり奇妙で非常に珍しいです描いています。
2016y08m24d_200953359.jpg

古学者によると、モヘンジョダロはおそらく緊急救済計画なしで20年以内に消えます。この問題が発生した場合は、私たちの歴史の重要かつ貴重な作品が失われます。
★ eagle.com:リンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.