超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
The BEE Missing
bee

What do you think about world-famous Honey Bees group of missing
素直に、純真な気持ちで蜜蜂の世界的な大量失踪を考えれば見えてくるのは、
人間のあまりにも一方的で貪欲な蜜蜂からの搾取・奴隷扱い。
その恩恵への感謝や見返りのなさ。温室や花畑で蜜の採取と受粉の労働をさせ、その果実と蜜の両方を奪い取る。
彼等から見る人間の所業はまさに悪魔・・・・だろう。
何か、似たような私利私欲・エゴで一方的に奪い取る・・光景は蜜蜂に対してだけではなく・・
養殖海老・や鶏・・牛豚・・マグロ・・などの動物にも、そして同じ人間同士の間でも・・餓鬼と貧困に
苦しむ15億人の最貧国の人々とG7の先進国の過剰独占消費。
国々の中でも、裕福な独占利権階級と低賃金の派遣労働の貧困層・・
徹底的に奪われ、搾取され、利用される。
奴隷のごとく不当な扱いを受ける・・すべての命・生物・環境からの反撃の合図が・・・
「蜜蜂の大量失踪」でなければ良いのですが。
この事態は自我利己・エゴ欲望による、独占や争い、人類の愚かさからの脱却の最後のチャンスなのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.