超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★米国防省UFO調査の公開。

★何をいまさら・・の感もするが、メジャー?なメディアで公開報道されたことに意義があるのかも。
北朝鮮・核ミサイルや米国原子力空母打撃艦隊の展開で緊迫の朝鮮半島・日本周辺こそ既に、UFO多発エリアになっている?
以下:TOCANAさんより・・
今月16日、米紙「New York Times」が、米国防総省が2007年~2012年の5年間にわたり、UFO調査プロジェクト「先進航空宇宙脅威識別計画」に2200万ドル(約25億円)の予算をつけていたと報じた。
 これだけでも衝撃のニュースだが、国防総省はとんでもない動画も公開しているのだ。それは、「To The Stars Academy」の講師の1人である元情報担当国防次官補代理のクリス・メロン氏がかつて暴露した、「2004年に米カリフォルニア州サンディエゴ付近で航空母艦ニミッツの艦上に出現したUFO」の映像である。
この映像はミニッツからスクランブル発進した海軍のFA18F戦闘機2機が撮影した映像と見られており、複数のUFOが出現していたと伝えられている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.