超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★日本の海が死ぬ!

まるで、報道管制のように、提灯持ちの汚染メディアや成りすましジャーナリスト?からは一切報道されない怪奇な重大事故。
1月14日、韓国へ向かうパナマ船籍タンカーが東シナ海で貨物船と衝突沈没した。この事故で流失した軽質油は13万6000トン!・・これががいよいよ甚大な

被害を漁場宝庫の日本周辺海域を壊滅させる重大事故に発展しそうだ!
冬季オリンピックやパチンコミサイルどころではなく
なるかもしれない?寿司もネタ無しに・・・?。こりゃ陰謀・テロかも??

以下;In DeepさんよりKazumotoIguchi's blog2さん・・・・ご参照

2週間ほど前に中国沖で発生した石油タンカー事故が、とんでもない状況を日本にもたらす可能性が大きくなっています。なぜか日本では報道が皆無の状態なのですが、海外では、さかんに「アジアの海の危機」として報じられています。
worst-oil-spill.jpg
5a660ac9a2444462008b4fc6-w1280.jpg

day-three-month.jpg

しかし、その予測地図を見ると、アジアといっても、「日本が最も大きな影響を受ける大災害となる可能性が強い」のです。
今後の海流の流れの方向や、原油の流出量がはっきりしてくることなどで状況は変わっていくと思いますが、現時点での予測では、日本の海がこんなに厳しい環境事変を受けたことはあまりなかったのではないかというような事象に発展する可能性は残っていると思いますそれにしても、この緊急事態がどうして一切報じられないのですかね。防ぎようがないことかもしれないにしても、海に関する仕事に関わっている人たちは知るべきことのように思うのですが。

予想していなかった部分で日本は厳しい 2018年の始まりとなりそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.