超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★剥けないタマネギ

汚染拝金の売国報道メディアには望むべくもないが、
昨今の世も末なニュース?報道には・・呆れる。
『嘘付』の世界中での跳梁跋扈で必ず報道される事実の・・

当事者の半分、片側がいつも定義、正体不明のまま・・、その確認追求が意図的?に放置、無視される。

シリアで、何故?子供達を戦闘地域から避難疎開させないのか?
子供を盾にするのか?何でだろ~

2018y04m10d_075644174.jpg

2018y04m10d_075727557.jpg

【4月10日 AFP】シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派の拠点で化学兵器が使用されたとみられる問題を受け、ドナルド・トランプ( Donald Trump)米大統領は9日、2日以内にシリアに関する「重大な決定」を下すと宣言した。この問題では、ダマスカス近郊の東グータ(Eastern Ghouta)地区にある反体制派支配下の町ドゥマ(Douma)で実施された毒ガス攻撃により40人以上が死亡したとされ、国際的な対応を求める声が高まっている。
 トランプ氏はホワイトハウス(White House)で行われた閣議の冒頭で、ドゥマの「罪のないシリア人に対する凶悪な攻撃」を非難。「今後24~48時間以内」に何らかの決定が下されるとした上で、「これは人間性に関わる問題であり、起きてはならないことだ」と述べた。シリア政権側とその同盟国のロシアは、化学兵器が使用されたとの見方を否定。またロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は「この問題について挑発や推測」をしないよう警告した。

★EX:イスラム国ISとは何だったのだろう?・・シリア反体派とは何者だ?組織やリーダーは資金源や背後は?・・IS同様不明のまま・・
背後背景不明は・・・国内でも。
森友・加計学園の経営者や背後関係とは?・・凶悪犯罪者の本名・原戸籍や経歴を何故公表しない?
・パチンコ業界賭博脱税と巨大資金の実態・日韓トンネルの実態・・偽与党右翼・偽革新野党・・・在日通名帰化問題・・・サンプル母集団の明確な定義やサンプル総数や抽出法・・など公開しない、独占会社へ丸投げげの怪しい世論・社会調査の垂れ流し意図的操作・何者かへの忖度報道・・・・等、枚挙に限りが無い。

これ等は、最初から、中身の存在しないタマネギなのか?
それとも、剥けない偽タマネギなのか?その両方なのですかね?WWW。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.