FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★何故中東では戦火が:イランとイスラエルが交戦!
★トランプ大統領が北朝鮮と核の完全放棄を軸に交渉和解へ動き出す一方で、正反対?の不可解なイラン核合意からアメリカが一方的に離脱・・強国利権の代理戦争?の様相になっているシリアを背景に
中東の火薬庫・ゴラン高原で対峙するイランとイスラエルが発火寸前?否もう導火線に火が付いている。
【5月10日 AFP】(更新)イスラエル軍は10日未明、シリアに展開するイラン部隊がロケット弾やミサイル約20発を占領地ゴラン高原(Golan Heights)のイスラエル軍に向けて発射したと発表した。イスラエル軍は報復としてシリアをミサイルで攻撃。国営シリア・アラブ通信(SANA)によると、「数十発」が防空システムによって撃墜された。
 イスラエル軍の報道官によると、ゴラン高原に撃ち込まれたミサイルの一部は、ミサイル迎撃システムによって撃ち落とされた。死傷者は出なかったが、軍は今回の攻撃を「非常に深刻に捉えている」としている


★米国と表裏一体の擬似核保有国のイスラエルが、エルサレムとゴラン高原、中東全体から和平の未来を失いつつある。
欧米諸国や中露の反対を強引に押し切ってイラン核合意から離脱の真意?
は・・意図的な世界情勢の混乱か・エゴ最優先で、誰が儲けるのか?世界から理解不能と懸念不審が・・
国連は機能不全か。

米朝会談もダッチロールでいつ破綻するのでは?と世界中が懸念している・・
交渉当事者双方の男と仲間に正常な精神と判断能力があることを願うばかりだ。


2018y05m10d_114927004.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.