超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
高尾山/2・UFO?&Phantom?
デジカメデータをPCで拡大CK中に
また?見つけた!奇妙な映像。
映画プレデターのような歪み:
Phantom?でしょうか?
デジ1初心者の操作ミスかもしれませんが・・笑)
ufo-phantom
ufo phantom2
ufo phantom2
ufo
コメント
この記事へのコメント
タカさん
太古の昔?にもこのような超常現象があったようです。
いずれにしても、新規なもの新たな現象・仮説に常に
オープンマインドで望みたいものです。
2008/06/08 (日) 06:32:02 | URL | amato #-[ 編集]
初めまして。

UFOはこれからすごく多く目撃されるようになりますね。
アセンション近づくにつれて・・・
直接目撃したいですね。
2008/06/07 (土) 20:00:25 | URL | タカ #mQop/nM.[ 編集]
天狗の山です!
奥人さん
おっしゃるとおりです!高尾山には有名な
薬王院飯縄権現堂があり、その前には、右側に鼻の高い大天狗、そして左側には烏の嘴を持った烏天狗の小天狗の像が立っています。v-22
url:http://www.takaotozan.co.jp/
古来より高尾山は天狗の住む 山だそうです。
高尾山には数々の天狗のお話が残っています。

☆以下:08/03/25の内外タイムスのコピペで恐縮ですが・・url:http://news.livedoor.com/article/detail/3568562/
 「高尾山は開山こそ744年の奈良時代ですが、この地に特別な霊験が宿ると庇護が厚くなったのは中世以降です。特にこの地を崇拝した権力者の名を上げるとするならば武田信玄、上杉謙信、北条氏、徳川家康ならびに徳川将軍家、そして、明治政府。また、高尾山薬王院は真言宗智山派という宗派に属するのですが、この宗派の始祖が興教大師という真言宗中興の祖と言われる人。弘法大師が唱えた真言宗の哲学で『宇宙』というのは非常に重要なキーワードですが、現代人が考える『宇宙』に思想的に近い『宇宙』を教義に取り入れたのが、この興教大師。この人自身が宇宙人と接触があったという仮説を唱える研究者もいるほどです。この土地が庇護されてきた要因を考えるとき、宇宙からの使者を結びつけるのは決しておかしくはないのです」
 徳川家康が宇宙人と接触を持っていたという説は有名だが、その徳川家康が特に重要に庇護した土地となればこの地が宇宙となんらかの縁がある土地だという推測は容易だ。しかし、なぜ平成のこの時期にUFO目撃情報が激増したのだろう?
 「一つ考えられることは首都圏中央連絡自動車道の建設に伴い八王子城跡トンネルが開通しこの地に大きな空洞が出来たことです。このトンネルは自然を破壊するだけでなく、結界を壊すものだとして多くの反対がありましたが、結局はすべての反対を押し切り開通してしまいました」
 K氏は明言は避けたもののトンネル建設がある聖域に触れてしまったことをほのめかした。高尾山を中心に目撃されるUFOは、中世以降守られてきた宇宙人と人間との密約が破られた結果なのだろうか…。


☆修行不足、の上に鼻も低いので・・天狗の弟子には
なれそうもありません。v-22v-34

2008/06/06 (金) 06:36:55 | URL | amato #-[ 編集]
これは未確認飛行生物(つまり天狗)か?
amatoさん

高尾山には天狗伝承はなかったでしょうか。
実は、私も摩耶山の頂上の猿田彦大神の祠のところで、オバQのような白いカーテン状のものをビデオカメラに収めております。とても似ているような気がしまして。
http://uumusou.yamanoha.com/general/ufo/boomerang2.htm
猿田彦とはご存知のように天狗さん。つまり精霊とも妖怪とも神様とも言える神霊かも知れないと思っとります。
3番目の写真は、いったい・・・???
頭巾を被った鞍馬天狗?としては、あまりに顔がでかい。
妖怪型UFOと言えそうです。
しかしよく写るデジカメですね。未確認影像向けカメラと言いますか。ビデオカメラでもシャッターチャンスはそう滅多にあるものではないときに、この高確率はどうなんでしょう。UFOのほうが好んで写りに出てきている感すらあります。

なお、この文と同文を拙ブログのコメントにもしますので。
2008/06/05 (木) 22:18:23 | URL | 奥人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.