超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
ロズエルUFOのミステリーか?捏造か?
crop
rock


☆サークルの出来る前に発見のほうが・・真実性が高いかも?。
★以下、EARTHFILESの記事です。
■左:
およそ40グラムの重さがある神秘的な2インチの直径岩石は2004年9月に、50歳のビジネスマンロバートRidgeによって、コロナとロズエルの間にある、1947年7月のUFO墜落地点から17マイルはなれた、Cedarヒル(ニューメキシコ)での鹿狩旅行の折に見つけられたとされています。
■右:
小麦畑のクロップサークル:
スウィンドン、オックスフォードシャー(イギリス)の近くのChisledonのLiddington Castle丘のとりでの下で長さ120フィート、1996年8月2日に報告されています。 空間像とコピー。 スティーブ・アレクサンダーによる1996。

Left: Mysterious two-inch-diameter rock weighing about 40 grams was allegedly found by Roswell businessman Robert Ridge, 50, during his September 2004, deer hunting trip in Cedar Hill, New Mexico,17 miles from the July 1947 UFO crash site between Corona and Roswell.
Right: Wheat formation,
120 feet long, reported August 2, 1996, below the Liddington Castle hill fort in Chisledon, near Swindon, Oxfordshire, England. Aerial image © 1996 by Steve Alexander.
Also see: Cropcircleconnector.com.
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.