FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★メキシコで発掘された驚異のETを現す?考古遺物

先史時代・・?にETが人類コンタクトしていたのはもう、認めたほうが良い、
そういう時ですよ・・ねWW。

以下、Collectiv-evolutionより

その一例が、この分野の研究者であり、米国とメキシコで全国的に放送されている「Los Desvelados」(The Unveiled) と呼ばれるスペインの有名なラジオ番組の主催者であるVictor Camachoという紳士 です。彼はディスカバリーチャンネル、トラベルチャンネル、そしてヒストリーチャンネルのUFOに関する多くのプログラムで特集されています。彼は23年間放送されてきた彼のラジオ番組が制作されるソルトレイクシティに拠点を置くDesveladoネットワークのディレクターです。ほぼ毎晩、ビクターは、UFO、超常現象、禁断の考古学、陰謀などに関連するトピックについて話し合っています。

彼は可能性のある古代の異星人の遺跡を調査するためにメキシコ中で何度も旅行に出ました。彼はETの存在が古代に私たちの惑星を訪れた可能性があることを示すアーティファクトを発見しました。これらの奇妙なアーティファクトは非常に古く未知の文化に属しているので、それは私たちがよりよく知っているヒスパニック以前の文化の残りを生み出したかもしれません。アーティファクトは、外国の言語、存在と船を示すかもしれない彫刻を持っています。ビクターはこれらの破片が発見された地域を訪れました、そして彼は彼によると、高度な文明からであるように思われる古代の居留地の遺跡を見ました。彼はそれらを見つけた人々と話をし、1,200以上の関連する遺物を持っているコレクターに会いました。Teocalticheで、Jaliscoはすべての物理法則に反する奇妙な飛行特性を持つUFOの目撃情報の報告を調査しました。
彼は、UFOの形をした工芸品や、UFO / ETの知識を扱っている世界中の他の多くの情報源からのたくさんの情報を裏付ける奇妙な種類の存在を示す粘土片に出会いました。

カマチョ氏はメキシコで古い遺跡が多数残る地域に赴き、1200個以上の不思議な遺物を目にしたという。石に刻み込まれていたのは目が異様に大きくて人間とは似て非なる生物や、空を飛ぶ円盤型UFOのような不思議な図柄ばかりだった。カマチョ氏はこれらを「エイリアンがかつて地球を訪れていた証拠」だとし、「エイリアンのもたらした古代文明」の痕跡だと考えている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.