FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★米東部の熱波緊急事態!

世界中の異常気象・・ただ事ではない。もちろん、
あのCO2温暖化とは因果関係不明です。


(CNN)ニューヨークの一部の地下鉄路線が運行を停止し、駅が欲求不満の旅行者でいっぱいになったのは金曜日の午後90度近くでした。
2000万人が住むメトロエリアは、日曜日の夜まで続く過熱警告の下にあるいくつかの主要な人口密集地の1つです。
地下鉄の問題は、コンピュータの問題が修正された後、最終的に解決されましたが、ニューヨーク市長ビル・デ・ブラージオは蒸しました。
「熱波の間のこの種のメルトダウンは不可解です」と彼はつぶやきました。「(メトロポリタン交通局は)すべてのニューヨーカーにこれについての説明を負っている。我々はDAYSにとってこの危険な天候について知っていた。彼らが準備されていない理由についての言い訳はない。」
暑さのせいで緊急事態を宣言したニューヨークは、今週末の発汗で一人ではありません。
CNN気象学者Dave He nnenによると、向こう数日の間に、48歳未満の人口の85%以上が華氏90度を超える気温を経験する、および半分以上が95度を超える気温を経験する。
National Weather Serviceによると、金曜日には約1億9,570万人の人々が過度の熱監視または警告または熱勧告を受けていた。アラートはニューメキシコ州からメイン州に広がった。
極端な暑さを追跡する
気温は週末にかけて東海岸と中西部を昇るにつれて記録を更新し、致命的になる可能性があります。
★ご参考に・・華氏100度は・・38℃?
WW
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.