超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
英国警察ヘリコプター、UFOに空中遭遇?
UFOimage
■大紀元配信のNEWS・・から以下です。

英国警察ヘリコプター、UFOに空中遭遇

英国防省が謎の飛行物体UFOの目撃情報の内部記録を先月公表したのに続き、今月始めにも、英軍基地でUFOが警察ヘリコプターに迫ってくる事件が発生したという。その後、同警察機がこの円盤状の謎の飛行物体を追跡したが、相手のスピードがあまりにも速い上、燃料も足りなかったため、追跡を諦めたという。

 英国のサン紙とデーリー・テレグラフ紙の6月20日付報道によると、6月7日夜、公務を終えた警官3人がヘリコプターでカーディフ地区のStathan空軍基地に帰還する際に、約150メートル空中で、下から奇妙な飛行物体が猛スピードで迫ってきた。気づいた機長が慌てて飛行方向を変えたため、衝突は回避できた。その物体は円盤状で、機体には光がついていて、UFOのようなものだという。

 このUFOらしき物体が襲撃したのはこの一度だけで、その直後、猛烈な勢いで海の方に向かって去った。警官らのヘリコプターは追跡したが、相手のスピードが速すぎる上、警察機の燃料も足りなくなったため、途中で断念したという。

 情報によると、このヘリコプターにはハイテクの撮影機と監視設備を設けている。3人の警官全員が肉眼でUFOが見えたが、監視用の撮影機は当時の映像を捕らえられなかった。もっと不思議なのは、当時、肉眼でこの物体が見えていた3人の警官は暗闇でもものがみえる赤外線スコープを着用したら、見えなくなったという。

 サウスウェールズ警察当局のスポークスマンは、「我々が実証できるのは、空中支援部門が尋常ではない飛行物体を発見したこと、すでに関連の機構にこの件を報告し、調査を委ねた。警官3人は自分たちが見たのはUFOであると堅く信じている。少し摩訶不思議だが、彼らは自分の目を確信している」と述べた。

 今年5月14日、英国防省は初めて『Xファイル』というUFOの目撃情報の内部記録を公開した。

 1983年8月始め、同国の78歳の男性が野外で釣りをしていた際に、UFOに乗る宇宙人に出会ったという。身長は約4フィート(約1・2メートル)、緑色のつなぎを着ており、頭にはヘルメット、顔色は黒っぽい。この男性はUFOの内部を一回り案内された後、「あなたは年寄りだから、私たちの要求に合わない。行っていいよ」と帰されたという。

 
(翻訳・編集/叶子)

(08/06/22 17:45)



コメント
この記事へのコメント
今日のNTV矢追純一さん
久しぶりに見ました。
みなさん・・・いかがでしたか?
UFOもいよいよメジャ=笑い)で登場ですか?
2008/07/24 (木) 21:24:16 | URL | tomato #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.