超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
ウォール街の民間?ねずみ講?を国家救済!!!
ets

   ▼『ねずみ講?の仕掛け人』はどこにいるのでしょうか?
   ▼アメリカは世界最先端の社会主義国家なのででしょうか??!
   ▼日本は周回遅れの小泉?構造改革でこれから・・民営
    市場資本主義への脱皮だそうで・・オメデト!
  
 ☆ 
▼CDSのネズミ講 :田中宇・・アメリカ型金融の破綻より・・以下参照


 米金融危機は、今年初めには、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)と呼ばれる債券に対する破綻保険(債務保証)の分野に飛び火した。CDSは世界で発行される資産担保債券の約2割にかけられており、総残高(対象債券の総額)は60兆ドルもある。発行者は、アメリカの銀行と、CDS専業のモノライン保険会社であるが、金融危機で債券の破綻が増える中、CDS発行者の保険金支払いが増加した。(関連記事)

 特に、規模が小さいモノライン保険会社の経営が悪化し、6月には格付けをAAAから引き下げられ、資金調達が難しくなった。モノライン保険会社が破綻すると、彼らが発行したCDSは効力が失われ、CDSの保険がかけてあるということで高い格付けをもらっていた債券が軒並み格下げとなる。CDSの対象債券60兆ドルに対し、米投資銀行の総資本額は4兆ドル程度で、対象債券の数%が破綻するだけで、投資銀行のすべての資本金が吹き飛ぶ。債券の破綻が増える中、大手投資銀行が発行するCDSも万全ではないと疑われ、CDSの保険そのものへの信頼が失墜する。(関連記事)

 CDSの40%は、ジャンク債(S&Pの格付けでBB以下の債券)に対してかけられている。もともとジャンク債は高リスク・高利回りなのだが、保険としてCDSをかけることにより、比較的安い保険料コストで、リスクを下げることができた。デリバティブ型金融システムの中で、CDSの存在は、リスク・プレミアムの低下に貢献し、多くの投資家がリスクを意識せずにジャンク債を買う状態を生み出した。昨夏以来の金融危機は、この仕掛けを構造的に破壊している。

 米金融界では、昨夏の金融危機以降もCDSの取引が増えている。CDSに対するリスクは上がっているが、その一方で金融機関は損失を穴埋めするだけの儲けを出さねばならず、リスクは高いが儲かるCDSの取引から撤退することができない。儲けるためにリスクをとって取引し、リスクが高まって損失が増えるのでもっと儲けねばならず、さらなるリスクを取りに行くという、危険な賭けを拡大させている。(関連記事)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.