超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
バージニアのテーマパーク上空のリングUFO
Ringed UFO

EarthFilesサイトによると・・
この6月13日バージニア州 King's Dominionのテーマパーク上空に、リング型のUFOが出現。
10分間にわたり、鮮明なビデオで撮影された映像が公開されている。
1957年の9月にもフォートベルヴォア(バージニア)でこのリングUFOとそっくりのものが撮影されている(写真参照)。
コダックブローニーのカメラで撮影した設計エンジニアと15人の目撃者達は、「これは私たちがこれまでに見た最も奇妙で怪しい飛行物体だった」と語り、リングの直径はおよそ60フィート・厚さが5~6フィート位に見えたと言っている。
ビデオ映像の右側にあるテーマパークの落下スライディングシュート乗り物?が上に昇り、やがて落下、足をブラブラさせている乗客には・・すぐ上空のUFOリングは見えなかったのでしょうね。
リングUFOを出現させた方には・・チョットお気の毒ですが・・笑)
喫煙者は減少の一途だそうですが・・タバコの煙でこんな『輪』が、確かにできますよね。
ただ60フィート(18m)の煙ワッカ?は巨人でないと出来ませんね。

コメント
この記事へのコメント
私も30年以上前の登校中に見ました。たまたま昨夜、母に『あんた昔、変なものが浮かんでると騒いでたね』と言われ検索中にたどりつきました。近くには工場の煙突が有り、煙だったのでしょう。薄曇りの中、10分以上はその場に浮かんでいました。いずれにしても珍しいものだと思います。
ただ、面白いのは水木しげるが日本各地の妖怪を集めた本に、同じようなものが描かれていることです。
2009/10/05 (月) 16:21:43 | URL | JO-POP #mgoeScV6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.