超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
宇宙人は既に地球に存在している?

crop c
☆このミステリーサークル!・・人類センスのデザインではナイ!?と直観しているのですが・・英国のミステr-・サークル専門サイトで実感してみてください。/ここのLinkをクリックください。
少々・・古い記事ですが、ヒョットすると、既にこの惑星には我々の感知できる範囲外に何か別種の知性?・・ETが存在しているのかもしれません。
以下、米国アリゾナ州大学で宇宙生命を研究しているポール・デービス教授の仮説です。

『宇宙人はすでに地球上に生存している』

 【大紀元日本2月25日】イギリス「タイムズ」の報道によると、米国の科学者は、「科学者達がずっと探している地球外生命は、すでに地球上に生存している可能性があり、ただこれらの生命はミクロの状態で存在しているため、人類の現在の科学技術ではこれらの生命を観測することができない」と指摘している。

 2007年7月に、米国国家科学院に属する全国研究委員会が公表した「惑星に存在する有機生命の局限性」と題する報告書の中に、地球外生命の形態は完全に地球生命と異なる可能性があると指摘している。

 今まで地球外生命を探求する際、すべて一つの仮説に基点を置いている。つまり、すべての生命は水、炭素とデオキシリボ核酸(DNA)の三大要素が必要だと考えられている。しかしこの報告の中には、地球外の生命は完全に水、炭素、DNAを必要としない「異なった種類の生命」かもしれないと指摘した。 さらに、研究者たちは、地球外生命を構成する基本元素は炭素ではなく、ケイ素かも知れず、それらの生命の「遺伝子」は燐元素を必要とせず、主にヒ素により構成されるものかも知れないと大胆に推測した。

 米国アリゾナ州大学で宇宙生命を研究しているポール・デービス教授は、地球上に人類が知らないある種の特殊な有機体により構成された生命体系が存在しているかも知れないと指摘し、この種の神秘的な生命は地球上にすでに知られている主に炭素、水素、酸素、窒素と燐により構成された生命と違い、ヒ素から構成されているかもしれず、現在の科学者達の掌握した生物を研究する技術で、この種の神秘的な生命を識別することができないと推測した。


(翻訳編集・文子)



(09/02/25 00:47)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.