超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
巨大エチゼンクラゲとM/サークル
A jellyfish1 A jellyfish2 A jellyfish3 A jellyfish4
本日の朝日新聞には、今年は例年夏から大発生、日本海漁業に大被害を与えるエチゼンクラゲについて、05年大発生の年と同様な大発生可能性を予告、警告の記事が掲載されている。
個体の重さは200Kgにも及び直径は2m触手には毒があり・・ジェリーフィッシュなどと呼ばれる優雅な小型のものに比較すれば・・化け物だ。
ここ数年、夏から冬にかけて日本海側に大量出現し、漁業に深刻な被害を与えてきたエチゼンクラゲが、08年はほとんど確認されていない。
研究者の間では「中国沿岸の環境変化説」「食害説」などが浮上しているが、いずれも決め手を欠き、謎は深まるばかり。
コラーゲン成分の有効利用の一環として商品化に取り組む企業などもその対処に振り回されそうだ。
 エチゼンクラゲは中国の周辺海域が発生源とされ、海流に運ばれて、日本海沿岸で目撃されている。水産総合研究センター日本海区水産研究所(新潟市)によると、平成12年以降はほぼ毎年、大量出現が確認され、漁網を破るなどの被害が相次いでいる。

■何故か???・・永年関心を持って注意している英国の「ミステリーサークル」にも・・この数ヶ月
クラゲそのものや電子顕微鏡で観察したウイルス?のような巨大サークルが出現。
情報や現象のシンクロパターンを感知するのですが・・皆さんは?
大西洋や地中海にはエチゼン巨大クラゲは発生していない?のでしょうか。
それとも・・更に巨大なものが・・これから出現するのでしょうか。まさか?こいつが空中には出現
しないでしょうね。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.