FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★トランプ大統領がUFOj極秘情報を公開?

今週のトカナさんのブログでは、
ディスクロージャーの著書で著名なS・Greer博士が
トランプ大統領にUFO極秘情報をブリーフィング、
近く?トランプ大統領が、その内容を公表するかもしれない・・とある。

以下トカナさん記事:

『大統領選挙直後からトカナ編集部は、トランプ氏もUFOファンの期待を裏切らないはずだと宣言してきた。
そして今回、やはりトランプ政権がUFO情報に興味津々であることが明らかになった。なんと、元医師で著名UFO研究家のスティーブン・グリア博士が、トランプ政権にUFO情報のブリーフィングを行っていたというのだ!
 スティーブン・グリア博士といえば、数十名の政府関係者や元軍人が、UFOや知的生命体に関する隠蔽された真実を暴露した「ディスクロージャー・プロジェクト」の推進者として知られている。https://tocana.jp/2017/07/post_13918_entry.html
今月11日付のオルタナティブニュースサイト「Collective Evolution」によると、すでにグリア氏はトランプ大統領に近い政府高官と接触し、UFO・エイリアンについてのブリーフィングを行ったという。今後トランプ大統領が、UFO情報を開示することに希望を持っているとのことだ。』


スティーブン・グリア博士の
UFO情報公開や秘密政府など
の動画はYouTube、「非認可の世界」やその他以下の動画を翻訳でご覧ください。



米国中間選挙前になにやら・・
世界中がフェイク?メディアと真偽不明のノイズ
・情報で錯綜していますね・・真実なら人類史上、空前の事態なのかも?
正常判断維持には・・「捨て置く」のが一番かもしれませんが。Www






★やはり南北極・地球で何か大異変が発生している!

異常気象や地震・火山・地殻変動の世界中での頻発・・環境や紛争、災害・・社会・経済問題にも大きく左右れる生命や人間社会の心理・・情報化Net社会。
判断基準の不確定のまま、異常=『変化』を情報と捉える人間の脳や感覚・神経・認識力の閾値をノイズ総量が越え始めているのかもしれません。
世界が統合失調に陥る前に正常なうちに、
正常なプログラマーがAI解析ソフトを開発してくれれば良いのですがWw?
漠然とした危惧や危機感は・・暗黙智?で誰もが群れの中の
レミングの1匹のように感じているのでしょう。

InDeepさんのブログでは
イタリアローマでの10月21日に降った『雹』の凄まじさや(以下)、

南極での「奇妙な音」.
氷床の融解による、温暖化による気温上昇に無関係な海面上昇の話が掲載されている。
科学的因果関係は別にしても、相関がありそうで・・
それにしても、不気味な『お経』のような怪音デスね。

『ノア級の洪水の原因…? : 「南極の氷床がイエローストーン級巨大火山の熱によって内側から溶かされている」とNASAが発表。なお、南極の氷が全部溶けた場合、世界の海水面は今より60メートル上昇』
・・以下そのうちの情報ソ-スの一例を閲覧してみました、機械直訳ですがコピペ。

★上記・以下は「EARTERよりの記事・・・です」
コロラド州立大学の周囲の騒音監視専門家Julien Chaputと、テキサス大学の新しい教授であるEl PasoはEartherに記録が "幸せな事故"であると語った。2014年には、ロス氷棚に地震探査装置を設置していた。南極の浮遊氷を発見し、その下の地殻とマントルを研究した。Chaputは氷棚の塊の季節的変化を解き放つことを望んで、船上を飛び越え、簡単な説明を逃した奇妙なスペクトルの異常を発見し、雪の上の数メートルの高所に高頻度の地震波を提起した」
本質的に、表面の擾乱は、氷棚を通して波紋を起こす地震波として捕捉される。 チームは、火曜日に公開された地球物理学研究書の論文で、それらの野生の波を文書化した。 彼らはまた、2年以上の連続録音の過程で捉えた音の一部をリリースしました。
ロス氷棚は西南極に位置し、その一部は暖かい海流が浮遊氷棚をアンダーカットすることを可能にする氷の下の岩盤の形のために止められない崩壊に直面する可能性がある。この不安定な地域の融解は海面を約10フィート上昇させる可能性があります。表面の温暖化は、科学者が注意深く監視する必要がある別の層のストレスを加える可能性があります。
★中米の貧困とマフィア暴力から逃れて難民が殺到する

ホンジェラス・ベネゼエラ・・・
中南米の麻薬マフィア暴力と貧困の無秩序はついにそれを裏庭にしていた、
米国への難民となって動き出した。
世界の2%の一握りの特権所有者が、80%の極端な富を独占する
と言われる、怪奇現象?が崩壊しはじめた・・
北アフリカやシリア中東の難民も因果・相関関係にあるのだろう・・
最早、オカルトが現実と化しつつある?


アメリカに向かう3000人の移民の集団にトランプ大統領が激怒。 中米のホンジュラスの貧困や犯罪から逃げ出し、アメリカへの不法入国を目指す移民の集団が3000人を超える大集団となった。
集団は増加し続け、集団には子どもが多く、ベビーカーを押す母親の姿も.。

この国の腐敗NKメディアはTV報道自粛?



★UFO現象を総括解説

NEW THINKING ALLOWDから・・
InPresence 0026: Unidentified Flying Objects
知識と発見の最前線
/心理学者 ジェフリー ミシュローヴ

ジャックバレーから、セガリヤシチン、フェイク・コンタクティー・・まで総括整理してくれました。
その総括は・・超心理学・科学的探索継続!デス?
★この激動ご時勢にマニュケな・・

米国大統領中間選挙目前に・・世界は激動。
米中貿易摩擦・・金利上昇のバブル容認の日米金融行政・南北朝鮮同調の対米和解・核放棄?
EU離脱英国と対米露関係の波乱・・中東シリア・パレスチアとイスラエル・イランのタイムアウト
それなのに、この国の与野党呉越同舟の国民売国政治・・・
「正体不明タレント」の下劣ネタ記事・CM露出や玉遊びアスリート番組ばかりの腐敗・汚染メディア。

何やら・・『きな臭いこんな、ニュース』も何かの兆候でしょうか・・・?
2018y10m05d_094020222.jpg

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.